鹿島事業協同組合とは

理事長ごあいさつ

鹿島事業協同組合連合会 理事長 中里 徹哉

鹿島事業協同組合連合会
理事長
中里 徹哉

1974年(昭和49年)、当時の鹿島守之助会長と渥美健夫社長のご発案をもとに、協力会社各社が自らの体力を強化することで鹿島建設の「施工力」の増強に資することを目指し、鹿島建設の施工パートナーである私たち協力会社が中小企業組合を設立いたしました。それが、「鹿島事業協同組合連合会」です。

設立当初は、組合員の相互扶助の精神に基づき、労災上乗せ保険や運転資金の融資などを主な業務としておりましたが、最近では時代の変化を先取りし、組合員各社が行う教育訓練や採用活動・人材育成を支援するための様々な事業を展開し、遂には無料職業紹介事業の届出を行うまでに至っております。

このような仕組みは他のゼネコンには存在せず、鹿島建設固有のものです。鹿島事業協同組合連合会は、初代北野理事長に始まって、先代の大木理事長まで9代にわたって引き継がれ、築かれてきました。私は10代目の理事長として、当組合の歴史と伝統に思いをはせ、次なる時代の新たな社会の要請に応えるべく精進してまいる所存です。

相互扶助の精神で、組合員自らが共同事業を実施

鹿島は「安心と安全」を提供することにより、お客様や社会から信頼していただける企業を目指します。そのためには、品質と安全が確保された建設物を作り上げる「高い施工力」が求められます。鹿島と一体となって「施工力」の強化に努める企業パートナーで構成される組合、それが鹿島事業協同組合です。

鹿島事業協同組合は「中小企業等協同組合法」に基づいた法人であり、1973年に単位協同組合(単協)が、1974年に連合会が設立されました。鹿島の生産体制の中核を担う施工系協力会社から構成され、相互扶助の精神に基づき、組合員自らが必要な共同事業を行うことにより、構成企業(組合員)の経済的地位の向上を目指しています。

鹿島事業協同組合では、労働災害に伴う被災者の補償・救済、技術・技能者の養成、施工水準の向上などを図るため、各種の事業を展開しています。鹿島との連携強化・意思疎通の円滑化、組合員の経営体質強化及び各種指導のシステム化を図り、双方にとって有益かつ効率的な環境を構築しています。